ダウンロード学習
Usecaseのダウンロード
予知保全
生産性向上ハッピーワーカー
航空機検査は、民間航空業務の重要な部分であり、継続的に実施しなければならない。航空機の胴体に選択される材料としての複合材の使用は、過去数十年の間に大幅に増加し、航空機の生産量も増加しました。そのため、需要の増加に対応するために、複合材の製造プロセスが自動化されました。

機体パネルを製造する際に重要なステップの一つは目視検査です。しかし、胴体パネルの寸法が非常に大きいことと、その材料の特性(暗色で反射が少なく、アンカーポイントとして使用される特徴が少ない)から、この作業は非常に面倒なものになります。複合繊維を配置する機械によって欠陥が最初に特定されると、生のレポートログが作成されます。その後、必要な修理は、技術者が手動でマッピングしなければなりません。完全な正確性を確保するために、情報を二重または三重にチェックしなければならず、必然的に生産時間の増加につながります。
この問題を解決するために、ボンバルディア社はOVAと共同で、拡張現実感を利用してA220複合部品の欠陥の位置を特定するプロジェクトを開始しました。目標は、複合材製造ロボットがあらゆる可能性のある欠陥の正確な位置(X,Y,Z軸上)を拡張現実(Augmented Reality)装置に提供することで、機体部品のデジタルツインに欠陥を表示し、オペレーターを誘導することでした。
予測可能性
チャレンジ
品質管理のための拡張現実
本当の時間節約術
この目標を達成するために、当社のXRサンドボックスプラットフォームであるStellarXを使用しました。当社のARソリューションにより、オペレーターは、使いやすいインターフェイスを使ってキー座標をすばやく特定し、ステータスを確認して更新し、過去と現在のデータをリアルタイムで調べ、検査前と検査後の機体の比較分析を実行することができました。また、詳細な品質管理レポートの自動作成も可能になりました。
シンプルでありながら効率的
納入されたシステムは、複合材レイヤリングロボットによって特定された潜在的な欠陥を位置決めする球体で構成されています。移動可能なフローティングインターフェースを介して、技術者はその場所を迅速に検査し、リアルタイムでその修理状況を更新することができます。このプロジェクトのために開発された機械学習アルゴリズムは、Hololensの物体検出を大幅に向上させ、より良い固定、より高い精度、ひいては効率性を可能にします。
無限の可能性
私たちの技術的なソリューションは、6ヶ月間かけて生産環境でプロトタイプとして開発され、テストされました。StellarX ARは、例えば航空機の部品の大掛かりな修理を行う必要があるような産業用途にも十分な堅牢性を持っていることが証明されました。この拡張現実技術(
)と完全にカスタマイズ可能なフローティング・インターフェースは、製造と品質管理のための全く新しい機能を確実に可能にします。
このようなStellarXツールキットは、空間計画、資産追跡、資産状態の決定、データ収集、集計、物理ベースのシミュレーション、デジタルアーキテクチャ、プロセスの自動化に劇的な影響を与え、それによって様々な顧客基盤や産業に利益をもたらすことができると確信しています。

このプロジェクトの過程で、高度な航空宇宙製造の分野に新しいパラダイムが生まれました。すでにいくつかの実践的な研究が同時に行われており、予知保全、リアルタイム監視、品質管理を通じた革新と継続的な改善のサイクルを可能にしています。この第1フェーズからの学びは、拡張現実を使った検査ツールの開発を運輸業界だけでなく、多くの可能性を押し広げることにつながっています。実際、第2フェーズは現在進行中で、Scale AIを通じて資金提供を受けています。
成果とメリット
この技術を導入してから1年後、Bombardier社では生産性が260%向上し、1機あたり5時間の時間短縮を実現しました。装置の信頼性と堅牢性が向上し、オペレーターの作業負荷と管理上の負担が大幅に減少しました。

このプロジェクトは、データ駆動型の共同研究の相互利益を実証し、高度な計算・モデリングアプローチと商業技術開発の機会を可能にしました。我々は現在、プロジェクトの主要な産業用デジタル技術に関連した技術準備レベルと商業的準備レベルについて情報を提供し、開発し、進化させています。
生産性の向上
保存された時間
より良い品質
これが今日のボンバルディアの運用方法です。これは、イノベーションがオペレーターの真の可能性を満たすためにどのように役立つかを示す好例です

ボンバルディア・エアロスペース、R&Dスペシャリスト、Buu Khanh Vo氏
最新情報を入手
メールで配信いたします。