この使用例をダウンロードする
ダウンロード
安全教育
Powering aheadSupercharging of workforce
Hydro-Quebec社の従業員は、予測不可能な気候や高電圧機器の操作に伴うリスクなど、日々の業務の中で危険に直面しています。LCI LXのパートナーと共同で、Hydro-Quebec社と協力して、高圧環境で働く労働者が直面する過酷な危険性を再現する没入型シミュレーション・スペースを開発しました。
StellarXを使用して、バーチャルリアリティ技術とインストラクショナルデザインの専門知識を組み合わせ、学習プロセス全体を改善し、Hydro-Quebec社でのハンズオントレーニングをより身近で安全なものにしました。 
SAFETY
チャレンジ
リアルタイムでの介入
明るい未来のために
ハイドロケベック社のトレーニングを支援するために、私たちはStellarXを使って、同社の専門家が日常的に働く環境を再現した様々な実物大のバーチャルリアリティ空間を作成しました。また、それぞれの空間に合わせて、没入型のトレーニングシナリオを作成し、研修生が安全かつ寛容な方法でスキルを磨けるようにしました。例えば、ある空間では、訓練生は致命的なショックを防ぐために、正しいツールと安全装置を使って電線の電圧を測定する必要があります。トレーニング生が仮想誘導のための正しい手順に従わなかった場合は、火花の視覚的な手がかりとコントローラーの触覚的なフィードバックによって、仮想的にショックを受けたことが示されます。このような実践的なトレーニングは、教室で学ぶ理論よりもはるかに効果的です。
アダプティブ&リアクティブ
予測不可能な気候現象に作業者をさらすために、私たちは、インストラクターがリアルタイムで「スペース」に介入できるソリューションを開発しました。つまり、インストラクターは研修生の状況に影響を与え、プレッシャーの中でのパフォーマンスや、変化する状況に適応する能力を分析することができます。例えば、インストラクターは、風向きを変えたり、雨を作動させたりして、訓練生がどのように反応するかをアクションで確認することができます。
成果とメリット
6ヶ月間のトレーニングを経て、巨大エネルギー企業であるハイドロ・ケベック社は、没入型学習体験がいかに魅力的で変化に富んだものであるかを目の当たりにしました。

さらに、没入型トレーニング体験のスケーラビリティとアクセシビリティにより、ハイドロ・ケベック社の研修生はより多くの実地研修時間を利用できるようになり、現場での現実の危険に直面する準備ができました。

実際、VRスキル構築体験の実施後、ハイドロ・ケベック社は、従業員の準備が整ったことで、怪我が大幅に減少したことを確認しました。
準備を怠らない
より多くの情報を
More Engaged
また、この経験により、「2018 Brandon Hall Group Gold Awardfor Excellence in Technology」の「Best Advance in Gaming or Simulation Technology」を受賞することができたことも特筆すべき点です。
関連記事:
ブランドンホールグループの記事
最新情報を入手
メールで配信いたします。