この使用例をダウンロードする
ダウンロード
バーチャル・プレゼンス
包括的なケア雑音を排除する
OVAは、モントリオールにあるメンタルヘルス研究センターPhilippe-Pinel Instituteと共同で、統合失調症の方を対象としたバーチャルリアリティ体験を開発しました。これにより、統合失調症の方は、幻覚と向き合い、効果的な対処法を身につけることができます。 
StellarXを使用することで、患者さんは、自分の心の声を、カスタマイズされたアバター像として再現することができます。また、このバーチャルレンダリングは、幻覚についての貴重な洞察を得るだけでなく、統合失調症が患者さんにどのような影響を与えているかについて、大切な人と共有することもできます。 
ADAPTABILITY
チャレンジ
パーソナライズされたアプローチ
一人ひとりの患者さんに適応したソリューションを見つけ出す


StellarXを使用することで、患者さんとセラピストが協力して、バーチャルリアリティの中で両者が対話できるアバターを介して、幻覚を引き起こす原因となっている実体を浮き彫りにすることができます。このようにして、患者は自分の治療において積極的な役割を果たすことができ、現実に直面している状況に合わせて、様々な対処法を適用することを学ぶことができます。
Face to Face
セッションの前に、患者は普段見聞きしていることを設計技師に説明します。すると、患者さんの目の前に悪魔が現れ、幻覚と真正面から向き合うことになり、最終的には効果的な防御方法を身につけることになります。
真のブレークスルー
このアプローチは、医療従事者にとって、第三者を介して患者と対話するユニークな機会を提供するもので、関係性やデータ収集の観点から非常に貴重で洞察力に富んでいます。また、患者さんのご家族やご友人に統合失調症との付き合い方を視覚的、聴覚的に説明することで、患者さんが直面している現実をより深く理解してもらうことができます。
成果とメリット
様々なエクササイズでサポートを受けながら幻覚に挑戦できることは、多くの患者さんに変化をもたらすことが証明されています。このパイロットプロジェクトに参加した19人の患者のほとんどが、精神科医とのわずか6回のセッションの後、大幅な改善が見られ、聞こえてくる声に対処する能力が高まったと感じています。CBCが発表した記事「Montreal Schizophrenia Patients Face Their Demons Through Virtual Reality」の中で、ある患者さんは、「声は80から90パーセントまで減少した」と述べ、このような治療によって、通常の仕事や社会活動に戻ることができるようになったと確信しています。

自信が持てる
人間関係の改善
より良い理解
効率的な対処法
声は80から90パーセントまで減少しました。
Richard Breton, Patient
6セッションのバーチャルリアリティのパイロットプロジェクトの結果は、最も難治性の統合失調症の症例であっても治療が可能であることを示しています。
フィリップ・ピネル研究所の精神科医・研究者であるアレクサンドル・デュマ博士。
関連記事:
最新情報を入手
メールで配信いたします。