リスク管理
街の英雄をサポート災害と戦う消防士
消防士の仕事の本質は、恐れることなく危険な環境の中で人命を救うことです。彼らの活動により私たちのコミュニティは安全で健全な状態を維持することができます。消防士は出動しないときはチームの訓練に集中し、緊急事態に備えています。ただし、作業の危険な性質を考えると、現実環境でのトレーニングは非常にコストがかかり、安全な方法で複製することは困難であるため消防士が毎年受けるフィールド内トレーニングの数は制限されています。
Tactik360で消防士のトレーニングをより身近なものにするために、StellarXを使用してコラボレーションバーチャルリアリティ体験を作成しました。さらに、リアルタイムのコラボレーションにより、消防士は火災やその他の危険な状況に直面した際の対応時間を短縮することができます。
アクセス性
チャレンジ
没入型シミュレーション
ハンズオン学習
OVAが提案したソリューションでは、消防士が何度も実践練習を行い、実際の危機的状況に効果的に対処できるような、共同訓練体験を開発することでした。

そのため、消防士が日々直面する現実を反映した仮想環境を作成し、作成したスペースには、消防訓練生が住宅街で炎上している家に関する通報を受けるシーンなどが含まれています。現場では、危険な炎から被災者を救出するために、機器や消防車を自由に使用することができます。
実際の活用シーン
さらに、消防士がチームとして対応しなければならない緊急事態を可能な限りリアルに再現するために、実際の勤務条件に合わせたシナリオを設計しました。例えば、あるシナリオでは、消防士が協力して炎上している家から取り残された人を救出するシナリオが設計されています。各チームのメンバーは、はしごを登ったり、指定された階の炎を消したりと、特定のタスクが課せられます。
成果とメリット
数ヶ月間のトレーニングの後、Tactik360チームは、対応効率とチームのコラボレーションが大幅に改善されたことを実感しました。

当然のことながら、今後数ヶ月の間に、実地訓練を補完するものとしてStellarXを使用することで、水難救助、雪崩訓練、車両事故、洞窟やトンネルの緊急事態、構造物の崩壊、エレベータの問題、送電線の危険性、産業事故など、あらゆる状況に対応できるように、バーチャルリアリティを使用した訓練を行うことができるため、現場での消防士の準備が整うとTactik360は期待しています。また、将来の消防士の学生が実践的な練習をすることで、自信とスキルを身につけることができます。
より多くの経験
より優れた準備
素早い対応
ミックスリアリティ技術を用いた消防士の訓練は、Tactik360の迅速かつ経済的な結果をもたらし、その後の地上での活動の迅速化を実現します。

Yannick Desruisseaux, CEO, Tactik360.
最新情報を入手
メールで配信いたします。