チームコラボレーション
より安全なコミュニティワンチームで戦う
公共安全およびセキュリティ専門家は、地域社会の安全を守ることを目的とし、危機的状況では迅速な対応と効率的なチームの連携が不可欠になります。このような側面から警察官、消防士、救急医療隊員は数え切れないほどの訓練を受けますが、一連の訓練には高い費用がかかり、ロジスティック的にも複雑です。

レスポンスタイムとチームの連携を向上させるために、当社はケベック市と協力して、消防士、救急隊員、警察官が毎日直面している危機管理の状況をシミュレートした実物そっくりのトレーニングスペースを開発しました。
StellarXを使用して、相互運用可能なバーチャルリアリティ体験を作成し、学際的なチームがより頻繁に、どこからでも、より費用対効果の高い方法でトレーニングを行うことができました。本物の体験型の没入型体験により、チームは複製やアクセスが困難なリスクの高い環境や危機的状況にさらされ、専門家は危機管理のスキルを向上させながら、チームとして結束力を持って効率的に仕事をすることができました。
相互運用性
チャレンジ
没入型のスキル構築
右側のサイト
このプロジェクトの成果は、警察官、救急隊員、消防士で構成される機能横断的な緊急対応チームのための共同シミュレーションにつながりました。このバーチャルリアリティ体験を通して、チームは公共の環境で効果的に対処することが求められる様々な危機的状況にさらされました。このように、私たちは、リアルで文脈に合わせた様々なバーチャル環境を構築しました。
協働
現場で直面する日常的な危機的状況を再現したシナリオも設計しました。例えば、あるシナリオでは、公共の駐車場で脅威に直面した警察官、消防士、救急隊員が協力しあうシーンが構築されています。
パフォーマンス向上
訓練生のパフォーマンスを測定するために、Co-DOT研究所の認知科学の専門家であるイザベル・ターコット氏と共同で、訓練の状況に客観的な学習評価を実施しました。没入型テクノロジー、行動分析、目の生体追跡を組み合わせることで、リアルな環境下でのレスポンスとストレス管理能力を測定することができました。このような追加データがあれば、チームは改善すべき分野をよりよく理解し、学習者をに説明をしながら、時間の経過とともに進歩するパフォーマンス向上を実感することができます。
成果とメリット
12ヶ月間のトレーニングの後、ケベック市のチームは、機能横断的なコラボレーションの点で大幅な改善が見られたとしています。また、トレーニングが実践的であったため、より高い情報保持率とより高いエンゲージメントレベルに注目しています。

コスト効率の高いソリューションにより、より多くの実践的なトレーニング時間を得ることができ、自然とスキルが磨かれ、現場での対応時間が改善されました。既存の緊急対応時間が短縮されたことで、ケベック市はさらに効率よくコミュニティの安全を確保し、市民が安心して暮らせるようになりました。
高いエンゲージメント
より優れた準備
素早い対応
また、この経験により、「ユニーク・ラーニング・テクノロジー最優秀賞」として、高く評価された2017年のブランドン・ホール・グループ・シルバー・アワードテクノロジー最優秀賞を受賞することができたことも特筆すべき点です。
関連記事:
ケベックジャーナルブランドンホールグループの記事
最新情報を入手
メールで配信いたします。